07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

白い手帖

レース編みと日々の暮らし

レースを固めたかご3種

レースの固め方についてはホームページの方のレースのかごの固め方をご参照ください。


HPのレースかごの記事のために作った試作品たちです。


kago327a.jpg
☆レース糸 ミルフローラ#20 ☆レース針 2号 
☆左の四角いかごはレースで作るおしゃれ小物―レースを立体に一工夫という本を参考に
少しアレンジしています。



以前ブロ友さんからレースかごは,ギフト用にも使えそうね

というアドバイスをもらったので試してみましたよ。



四角いカゴにハンカチや紅茶を詰めてちょっとしたお礼に

kago327e.jpg
※型はお菓子の箱使用



こちらはミニドイリーのプレゼント用に
大きさの合う袋が家になかったのでラッピングはしてません)


kago328dt.jpg
※型はプリンカップ使用




キャンディーやクッキーを詰めてもいいですね。



こちらはふた付き

kago327bt.jpg
※型はコップ使用



↑だははー!入ってるお菓子がフィンガーチョコだよ。

しかもKa○aya! >_<

もうちょっと洒落たお菓子はなかったのかい!?


でも私フィンガーチョコ,けっこう好きなんです。
昭和の香り漂う「白い手帖」には似合ってるでしょ。





 


一昨日(3/26)の夜は空が晴れて月も星もきれいでした。

ちょうど金星,上弦の月,木星が直線上に並ぶという日だったので撮ってみましたよ。


tuki326.jpg

月を挟んで上が金星,下が木星。確かに一列です。

昨日(3/27)はもう月が一番上に来て金星,木星の順に並んでいましたよ。

不思議だなー。(←昔から月や星の動きがよく分かってない人なの)



にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村



※立体レースの本の紹介

「レースで作るおしゃれ小物―レースを立体に一工夫」

2000年発行のクロッシェレースや市販のレースを立体にして楽しもうという本です。
固め方は,つや出しニスを塗る方法(p12)液体洗濯糊キーピングに浸す方法(p48)の2種類が
紹介されています。

固めるかごは15点ほど,他はバッグや帽子・ハンガーカバー,ポーチなど固めない物。
広瀬先生のアイリッシュクロッシェのパーティーバッグもありました。
go page top

立体レース☆スワンのバスケット

ホームページRyoのレース手帖にレースのかごの固め方について詳しく解説しています。

そちらも是非ご覧ください(2012.3.27追記)





「Ultimate Book of Pineapples」から スワンのバスケット

先日のクンストレースを湖に見立てて。


swan1.jpg



波紋のような白いドイリーにも似合います。

swan5new.jpg

上から見るとこんな感じ。

swan4s.jpg

中には楕円のかごが隠れているよ。


swankago_convert_20101214220500.jpg


↓胸の部分を編み上に首から頭,両側に翼を編んでかごに縫い止めるようになっています。


swan3.jpg

但し首から頭は本の通りにぐるぐる輪に編むとイマイチだったので,この部分はオリジナルの編み方に変えました。
輪に編まずはぎ合わせる方法で編み,後で胸に綴じ付けています。
(下に変更部分だけ編み図と写真を載せています。クリックして拡大してご覧ください)

swan_neck_chart-jp.jpg

swan_neck1.jpg

こだわったくちばしのあたりは思い通りにいって満足です。
ティアラはアルミホイルで・・・お遊びで付けてみました。


かごを固めるのには今回,洗濯機用糊 液体キーピングを薄めずに使用。

木工ボンドのときと同じくらい固まりましたよ。

かご部分は厚紙を楕円の輪にした物にラップを巻いて入れ,整えました。

羽根のふくらみの部分の成型はティッシュをふんわり丸めてラップで包んだ物を入れた状態で乾燥させました。

首には補強のためラップを細長く巻いて入れてます。





ぼくも負けてはいませんよ。このくちばしステキでしょ。

kamo2_convert_20101214220401.jpg

デコイのような鴨君でした。

*********************************


スワンと言えば「スワンの涙」  グループサウンズ オックスの曲でしたね。


君のすてきな(シャラララ) ブラックコート(シャラララ)♪

・・・歌えた人はなかなかのお年ですよ^^


↓これをクリックしていただくとランキングポイントが入り,励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村

※記事の末尾にレースかごの関連記事を紹介してます。

★レース糸 #20
★レース針 2号
★高さ   11.5㎝
★参考本 ↓「Ultimate Book of Pineapples 」 
編み図無しの英文パターン。 右の本は編み図有り。

go page top

可憐なレースのバスケット

ホームページRyoのレース手帖にレースのかごの固め方について詳しく解説しています。

そちらも是非ご覧ください(2012.3.27追記)





小林恭子さんデザインのレースのバスケット。

bas2t_convert_20100909231933.jpg

底の周囲のピコットもかわいいでしょ♪


↓逆光で見るとクロスした模様がよく分かります。
12段目からは毎段編み方向が変わり,立ち上がり方を間違えやすいのでご注意。24段目の増目も忘れずに。(ちゃんと罠にはまった人)

bas1tt_convert_20100909231250.jpg

※洗濯機用液体洗濯糊(キーピング)の原液に浸して固めました。
 型は適当な容器または厚紙を輪にしたものをラップにくるんで入れます。
 持ち手部分は梱包用のプチプチのビニールなどを丸めて入れて支えるといいでしょう。
 底のピコットをピン打ちするとぴしっときれいになります。

「白と生成のレース編み」という本から編みました。

↓レースかご2点,ドイリー,テーブルセンター,ポーチetc お洒落な感じの本です。

レースかご
☆レース糸 #20 
☆レース針 2号
☆底の直径 10㎝
☆参考本  白と生成りのレース編み 雄鶏社


サイドバーのカテゴリーに「レースかご」を設けています。
また固め方など興味のある方はHPをご覧ください。

************************

前回のカラスウリの記事のコメントで「カラスウリの花をテーマにしたレースを編んでは?」
というお題をいただきました。過去作品にイメージに合うのがあったので紹介しますね。

karasuuri_.jpg

ナンヨウハギさん見てる~

自然の造形には到底かないませんが・・・。繊細な感じはあります。
デザインは佐藤眞弓さん。


翌朝,見ると








karasuuri2_convert_20100909231609.jpg

きちんと畳まれてました。

えぇ!!


( 何のこっちゃ?と思った人は前回記事をよく読んでね。)

↓ランキング参加中!ぽちっとね!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとう

   *****************************

カラスウリのレース
☆糸     #40
☆針     8号レース針
☆サイズ   直径34センチ
☆参考本   美しいレース4 主婦と生活社
go page top

レースかごシリーズ☆第2弾

ホームページRyoのレース手帖にレースのかごの固め方について詳しく解説しています。

そちらも是非ご覧ください(2012.3.27追記)





前回は平たいドイリーで作りましたが今度は初めから立体に編んだものでやってみました。


box_convert_20100622203717.jpg

型にしたのは段ボールで作った箱。ラップをかぶせるので紙製の型でも大丈夫。
ピン打ちを直接箱にできる利点も。

box2_convert_20100622203752.jpg

ライバル出現!! 

kaeru1_convert_20100622203547.jpg

これは雑貨屋さんで見かけたかごを参考に作ってみました。

元はこんな感じ↓。底を増目しながらぐるぐる編んで,側面は増減無しで編んでます。

kaeru2_convert_20100622203637.jpg

型は小鉢。伸びるので型によって形は多少変わるようです。
こちらはピン打ちもせずかぶせて下に引っ張りながら整えただけ。

  *******************************

平面のドイリーでは四角い箱型など対応できないのもあるけど,きちんと立体に編めばバリエーションが広がりますね。

※レースかごのカテゴリーも作りました。覗いてみてください。


↓ランキング参加中!ぽちっとね!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとう
go page top

レースかごの作り方

ホームページRyoのレース手帖にレースのかごの固め方について詳しく解説しています。

そちらも是非ご覧ください(2012.3.27追記)




前回記事のレースかご。木工ボンドでやってみました。

ネットで調べるとふつう固めるのには

☆水性つや出しニス
☆布用硬化剤「スティフィー」ユザワヤで900円程度

などを使用するようです。

どちらもうちには無いので(←買えよ!)アジアンノットで結び目を固めるのに薄めた木工ボンドに浸してたのを思い出しやってみました。
市販のかごみたいにがちがちにはならないけどそれなりにできます。

①木工用ボンドを2倍に水で薄める。(ボンド:水=1:1)
②ビニール袋にレースと薄めたボンドを入れ軽く押して染みこませておく。

setu1_convert_20100618203857.jpg

※ボンドを薄めるときはフィルムケースや小さな瓶に入れて振るとよく混ざります。


③容器にラップをかぶせて準備しておく。

setu2_convert_20100618203802.jpg

④浸したレースを袋の中で絞ってかぶせる。下に引っ張るように成型。
※手が汚れないように両手にビニール袋をかぶせてするといい。

setu3_convert_20100618203948.jpg

※そのままでもいいが,さらにピンと整えたかったらアイロン台に載せてピン打ちするとよい。

setu4_convert_20100618204028.jpg

⑤しっかり乾燥させて(あせらないでね。)型をそっとはずしてできあがり。

setu5_convert_20100618204116.jpg
左は小さいサラダボール,右はお皿を使いました。

でっかいのでも試してみたよ。(直径27㎝のドイリー使用) 型はボール

big2_convert_20100618204312.jpg

これはちょっとデカすぎて強度がありませんでした。(T_T)

  ***********************************************************

☆直径15センチ前後のドイリーで作るといいようです。(最初は失敗しちゃったミニドイリーとかで練習してみるといいよ。)
 縁は多少しっかり編まれたデザインの方がいいかな)

☆木工ボンドのにおいが多少あります。

☆浅いかごでなく円筒形にしたい場合はやっぱり型に合わせて立体的に編む必要があると思います。

ちゃんと立体に編んだ物も試してそのうちレポートしますね。

☆よい子はちゃんと布用硬化剤「スティフィー」を使いましょう(*^o^*)

 ネットで914円で出てました。アメリカ製です。

※12/15追記 液体キーピングでも同じくらい固まりました。液体キーピングを薄めずに原液で使用。

※レースかごのカテゴリーも作りました。覗いてみてください。
↓ランキング参加中!ぽちっとね!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとう
go page top

カレンダー

About Me

Recent Posts

Recent Comments

Categories

Free area

Counter

Free area♪

Books

E-mail