01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

白い手帖

レース編みと日々の暮らし

古いアイリッシュクロッシェレースをお迎え♪

春も足踏みの寒さでしたね。みなさん体調はいかがですか?


2月にアイリッシュクロッシェのランナーを編んでからずっと気になってたことがあります。

(アイリッシュのランナー →こちら
 
ヨーロッパで実際に編まれていたアイリッシュクロッシェってどんなものだったのだろう?

ということです。


・糸の太さ
・モチーフの編み方
・ネット部分の編み方
・糸始末


実物を触ってこの目で確かめたい! という気持ちがありました。

田舎住まいなのでそういったものを扱うアンティークのお店や骨董市も無く、ヤフオクでアンティークレースを入手してみました。



antique_irish3.jpg


なんと幅が5.5~7cm、長さが37cm 小さくて薄くてとても繊細なものです。

奥に写っている私が40番で編んだのは幅が12cmだったのでその約半分。

私のが太糸で編んだごっついレースにしか見えなくなる(≧▽≦)ゞ



全体はこんな感じです。

antique_irish5.jpg


モチーフは3種類、アイリッシュにはよく使われている代表的なパターンですね。

布に縫いつけられてたものを解かれた跡があり、中央が少し広くなっているので襟の飾りだったのでしょうか。

アンティークには詳しくないですが、レースを編むものの野生の勘で糸の質感、色、編み方、状態からかなり年月を経てることは分かります。

編み目を拡大すると・・・


antique_irish4.jpg

一部、傷んでほつれている部分もあります。


比較

antique_irish2.jpg


少し艶のあるとても細い糸で編まれていて太さは100番、それ以上?

ネット部分も均一に細かく埋められていてピコットの大きさといったら1ミリくらい?ケシ粒サイズです。

糸始末もパディングコードまでほとんど分からないようにきれいに処理されていました。


ローガンズには夢のような世界で、ほんとうに細かな手仕事です。

どんな方が編まれたのかしら~?誰の襟元を飾ったのかしら~?と思いを馳せています。

またいつか編んでみたいという気持ちにさせてもらいました。



その前にPuPuで春らしいドイリーを♪

pond1.jpg

久々にペンEで・・・グリップの握り心地はアミュレよりこっちの方が好きかな。


にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
go page top

コメント

昔々の本(50年前位の本)で「ヨーロッパで買ってきたアイリッシュクロッシェレースはこんなのでしたよ~」的な記事を読んだ事がありまして
このレースどうやって作ってるんだろう?そもそもかぎ針なんだろうか?と不思議に思ったものです。
最近のこちらの記事で長年の謎が解けました。
Ryo☆さんのレースとアンティークのレース、大きさの違いは多少ありますがそっくりですね!
こうやって作られていたのかー!

URL | レイ #-
2016/03/14 11:04 * edit *

レイさんへ

おー、レイさんのアイリッシュクロッシェに対する長年の謎を解く手伝いができたなんて感激です~♪
本家と比べるとまだまだ甘い出来ですが、似ていると感じてくださったなら嬉しいな~。
機械で生産されるようになる前はとても贅沢品だったレースの飾り、繊細さが求められ、素晴らしいレースがいろいろ生まれたのでしょうねー。

URL | りょう☆ #ynFikX5Q
2016/03/14 11:20 * edit *

アンティークは繊細ですよね

何でこんなにちっちゃく編めるねん!ってくらいピコット小さいですよね。
レース編む野生の勘、私らにも備わってるといいなぁ(笑)

島根県の津和野にアンティークレースを多数展示したフシギな美術館があります。
こっちに来ることあったらご案内するのになぁ、フシギなところですが(^_^;)

URL | こまちゃん #gGlcQp1A
2016/03/14 17:37 * edit *

へ~~津和野は和紙のイメージでしたが。。。?どこにコメントしてるんだ!!?(苦笑

こんなこと言っちゃ申し訳ないくらい りょう☆さんのが・・・
あ!『不思議の国のアリス』と言えばいいんだ!!(苦笑

やっぱり 奥が深いですね~
ピコットが無かったら 老眼寸前ですがチャレンジしてみたいけど
それでも とうてい無理ですね
昔の方はすごく根気があったんでしょうね
視力も良かったのかな~
私たちは後世に何を伝えられるんでしょうね~
漠然とだけど 頑張ろう!
せめて孫くらいには『おばぁーちゃん!すごいね~』って言ってもらいたいです

URL | ハイジ #-
2016/03/14 18:44 * edit *

こんばんわ~
寒くて凍える一日でした、山の上の方は雪らしい ( ゚Д゚)

本当に繊細なレース ため息がでます。
どのような人が編んで、んな服につけられて
どんな人が着ていらしたのか思いを巡らせてます。

春らしいドイリーの成長も楽しみ~



URL | popokichi #-
2016/03/14 19:03 * edit *

こまちゃんへ

想像してたよりさらに細かくてどんな針を使ってどうやって目を拾うのかが謎です。
野生の勘はレース歴長いこまちゃんなら立派に備わってるわよ~ヽ(*^ω^*)ノ
津和野にレースの美術館!?
ググってみたらあったー(*゚ェ゚)!
板橋コレクションかな。個人の方の美術館みたいですね。
津和野なら行ったことあったけどそのときは気づかなかったなー。
行くときは案内してね~(。・∀・)ノ

URL | りょう☆ #ynFikX5Q
2016/03/14 19:34 * edit *

ハイジさんへ

は~い、みんなの掲示板ってことで縦横無尽にコメントしちゃってくださいませ(≧▽≦)ゞ
私も津和野は行ったことがあったんだけどねー。
レースの美術館は観光コースには組まれてなかったよ。当たり前かー。

恥を忍んで拡大写真を並べました~。
しかし私のは、ごっつくて粗いなー。
昔はそんなに照明とか明るくなかっただろうし、メガネも今みたいに質がよくなかったはずだけど細かいですねー。
若い編み手さんが仕事として編んでたのかな~?
いろいろ想像するとおもしろいね。
私たちのレースもいつかはアンティークレースになるかしら~?
私もがんばろう。

URL | りょう☆ #ynFikX5Q
2016/03/14 19:44 * edit *

popokichiさんへ

こっちも寒かった~~・゚・(*ノДノ)・゚・ 
風が冷たくて震えました。山の上は雪ですか~?(´゚ェ゚`)

アイリッシュレース、やっぱり実際に見て、触れると感動も大きいです。
針も糸も細かったのでしょうねー。
服の飾りにするにはやっぱりこれくらい繊細でないといけないのかも。
大人用なのか子ども用なのか。胸の飾りなのか襟なのか。
いろいろ想像するだけで楽しくなります。

URL | りょう☆ #ynFikX5Q
2016/03/14 19:55 * edit *

こんばんは~

よいレースを入手されましたね!
大きさの比較で、細い糸で緻密に編んであることがわかります。
ショコラも去年、小さなフィレレースとニードルレースを買いましたが
本当に細かい編み目で、とても人の手で作った物とは思えませんでした。
時間の掛かる丁寧な手作業、誇りを持って作る職人仕事。どれだけ高価な物だったのか!思いを馳せて 感慨深いものがあります。
糸に光沢があるのなら、シルクでしょうか?
ドールのお嬢様のお衣装に使えるかもしれませんね

URL | ショコラ #qfe1dUzA
2016/03/14 22:31 * edit *

ショコラさんへ

私が編んだのを並べておくのが恥ずかしいくらい繊細でち密なものでした。
ショコラさんが以前紹介してくださっていたのもやっぱり細かい仕事がされてたんですねー。
これまでアンティークレースをネット上の画像でたくさん見ていたのですが、やっぱり画像と実物では受ける感じが違いますね。
とっても緻密で薄くて軽いものだと分かりました。この頃の糸の材質はどんなものだったのでしょうかねー。
そして、どんな人が編んだのでしょうねー。想像が膨らみます。
ドールの衣装にもできそうだけど、これは初めて買った記念にそのままとっておこうかな(*´ェ`)

URL | りょう☆ #ynFikX5Q
2016/03/14 23:44 * edit *

昔のレースは・・・

本当に糸も細くて繊細ですよねー。
以前、TVでレース関連の番組を見た時に「当時のレースとは
専任の女性職人によって作られた手間も時間もかかる贅沢品」と
紹介されていました。
レースを編んでいる本人が身に着けるのではなく、それらは
貴婦人のドレスを飾るものだったというのも、より高度な技術を
求められていたということでしょうね。
しかも外貨獲得のための産業になるくらいだったそうで、それだけ
貴重なものなので、ほつれては修理を重ねて引き継がれてきたものだそうです。
長い歴史を経て、りょうさんのお手元にたどり着いたのも縁ですね♪

URL | けろぴ #7AwgYxkw
2016/03/15 00:28 * edit *

けろぴさんへ

なかなか田舎では本物を目にする機会がなかったので自分の目で見て触ってその細かな手仕事のすごさを実感しました。
私は、老眼の進む前でもこんなに細かいのは編めなかっただろうなーと思って見ています。

機械でレースが生産できるようになる前は、職業としての編み手さんがいてアイルランドでは外貨獲得の手段でもあったと私も聞いたことがあります。その当時、いろいろなレースの技術が生まれていったのでしょうね。
これがそういう風に編まれたのか個人のものとして編まれたのかは分かりませんが・・・いろいろ想像が膨らんで楽しませてもらいました。

URL | りょう☆ #ynFikX5Q
2016/03/15 07:48 * edit *

おはようございます( ´ ▽ ` )ノ
すっかり、出遅れて…
アンティーク、すごいですね〜
何年か前に、神戸で世界レース大会…(笑)みたいなのがあって

OIDFAだったかなぁ〜♪
先輩と、出掛けて、たくさん拝見しましたよ〜
ちびっこから、編むんですょー
男子や、おじいちゃんまで〜〜( ̄Д ̄)ノ
内職みたいに頑張る女子もたくさんいたらしい…

先輩は、ポンっと、アンティークをお土産に買ってましたが
ホントに、繊細で、軽いです…

そんなレースを身につける男子もたくさんいたとか…
(笑)
また、そんな時代、こないかしらね〜〜

URL | ♪うささ♪ #-
2016/03/15 08:24 * edit *

テレビでベネチアの紹介の中で、ブラーノ・レースが紹介されていました。早速検索してみたら、アイリッシュ・レースと同じような所もあり面白かったです。
編むときは日本の昔の俵の様な物の上で縫うような感じで編んでいました。
世界中に編む事をしている民族が多い事に興味が湧いて居ます。

ブラーノ・レースで検索できます。

URL | 谷間のゆり #-
2016/03/15 10:47 * edit *

OIDFA、調べてみました。毎年世界大会が行われてるみたいですねー。
今年はスロベキア?
ちょっと行けそうにないんで(;゚∀゚)いつかまた日本に来るのを楽しみに待ちたいと思います。
先輩さんも一緒だったのですねー。いいな~リアルに手芸仲間がいらして。
昔の貴族の肖像画とか見ると男の人もレースふりふりですよねー。
今の時代にレースふりふりは宝塚の男役くらいかしら~?

今日はこれから人形劇の練習でーす。
天気もよくなってお日様いっぱいでいい気持ち♪

URL | りょう☆ #ynFikX5Q
2016/03/15 12:00 * edit *

谷間のゆりさんへ

ブラーノ・レース、初めて聞いたので早速検索してみました。
ボビンともバテンともまた違う立体的で美しいレースですねー。
俵みたいなのも見ました。おばあちゃんが編んでる様子を・・・
手間のかかるもののようですね。
ご紹介ありがとうございました。

1本の糸を絡ませて楽しむことを思いついた人間はそこからいろんなニードルワークを生み出していったのですね。

URL | りょう☆ #ynFikX5Q
2016/03/15 12:07 * edit *

かなり出遅れました (⌒-⌒; )

おはようございます。
アイリッシュクロッシェ、りょう☆さんの拝見した時、ほんと繊細で素敵だなぁ〜って
見てましたが、これはもっと細い糸で小さいんですねぇ、驚きです。
それにしても、こういう作品がヤフオクで買えちゃうってのも驚きでした。

どんな方が編まれたのかなぁ〜って考えるのが楽しいですね。
私も挑戦してみたいけど、目が〜

母は、白内障の手術をした時に、レンズを入れたので、老眼もよくなったみたいで、
勘もあると思いますが、メガネなしでレース編みはしてました。
白内障の手術は怖いけど、メガネなしで見えたら世界が広がりそうです。

URL | plum-k #-
2016/03/17 09:02 * edit *

plum-kさんへ

plum-kさん おは~♪
後でゆっくりいただくコメントもいいものです(*^-^*)

これを見ると私のはごっついぱっちもんにしか見えなくなります。
アンティークレースはけっこう取り引きされていてレース自体をコレクションしている人や、アンティークドールの衣装を作るのに当時のアンティークのレースを使いたい方などのために、けっこうオークションや骨董市に出されてますよー。

趣味で個人で編むだけでなく、職業として専門に編む人もいたそうですねー。
どんな服を飾っていたのか想像が膨らみます。

私も一度くらいこれくらいの細さの糸で編んでみたいけどやっぱり目がついて行きません。
私の両親も白内障の手術をしたので私もそんな日が来るかなーとは思いますが目の手術ってちょっとコワイよね。
今日はこれから美容院、白髪も染めなきゃー(≧▽≦)ゞ

URL | りょう☆ #ynFikX5Q
2016/03/17 09:22 * edit *

英語でかぎ針のサイトを拝見しました。
とてもわかりやすく、まとめてあって
大変助かります。

ありがとうございます。

URL | そよ風 #z8Ev11P6
2016/03/19 17:56 * edit *

そよ風さんへ

そよ風さんのお役に立てたようで幸いです。
もう少し整理してさらに分かりやすいものにできればと思っています。
私自身も英文パターンを始めたころに先輩方のサイトに大変お世話になりました。
こうしてお礼のメッセージをいただくと少し恩返しができたかなーと思います。
ありがとうございました。

URL | りょう☆ #ynFikX5Q
2016/03/19 20:05 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://nishizawa165.blog71.fc2.com/tb.php/700-7509bcb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

カレンダー

About Me

Recent Posts

Recent Comments

Categories

Free area

Counter

Free area♪

Books

E-mail