09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

白い手帖

レース編みと日々の暮らし

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

旅に出てました♪~鹿児島へ~

夫と二人で旅に出てました。

友人夫婦に会うために鹿児島まで・・・。

夫の元同僚だったご主人、急な病に倒れ、その後奇跡の生還をされたので一度会っておきたいと・・・。

すっかり元気になられてて一緒に食事をしたり、鹿児島を車で案内してもらったり楽しい旅になりました。




JR日本最南端の駅、西大山駅から望む開聞岳。

kaimondake.jpg


薩摩富士と呼ばれるだけあって、優美な姿に心が洗われました。

あちこちにブーゲンビリアやハイビスカス、極楽鳥花が普通に咲いてて南国気分満喫です。

夕方は砂蒸し温泉で首まで砂に埋もれてました~~ヽ(*^ω^*)ノ

朝は、錦江湾から昇る朝日を見ながらの露店風呂~~~∑d(゚∀゚d)

kinkowan.jpg




一時、話題になった池田湖のイッシー君にも会ってきましたよ。

issi.jpg

ブームは過ぎてちょっと寂しそうだったけどね。



あっ、旅先でもやっぱり気になるのは手芸店♪

天文館で見つけたかわいい看板でーす♪♪

tenmonkan_shop.jpg



夫は還暦、私も還暦が射程距離内(。-∀-)

この頃になると自分の体力、親の介護などいろんな不安材料が出てきます。

だから、動けるときに 行きたいところへ行って、会いたい人に会っておかなければという思いを強くするのです。

観光もですが、年月を経ても変わらぬ友情を感じた友人夫婦との時間。

自分たち夫婦の人生をも振り返るきっかけとなりましたよ。



九州新幹線が開通して鹿児島は本当に近くなりました。また訪れたい地です。


・・・・米寿祝いに旅行、手仕事は進んでましぇ~ん(≧▽≦)ゞ


にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
go page top

家族のお祝い♪&進まないビスコーニュ


穏やかな秋晴れの一日に父の米寿母の喜寿を祝いました。




beijyu_cake.jpg


合計で165歳!!二人で頬を寄せてロウソクをぷーっと吹き消しました♪

二人とも若い頃は苦労をし、戦争にも翻弄されましたが、
それを乗り越え、心も体も健康でこの日を迎えることができました。




beijyu_kijyu.jpg

ハロウィンの仮装じゃないわよ(笑)

ホテルの方で米寿(黄色)と喜寿(紫)用のちゃんちゃんこも用意してくださってたんです。

二人とも似合いすぎ!!みんなに囲まれて笑顔のツーショットですよ。



関東、関西、九州とそれぞれの地から孫たちも大集結!!



そのことがとっても嬉しかったみたい。



孫たちからのプレゼントは

☆おじいちゃん、おばあちゃんとの思い出の写真のスライドショー上映♪

☆似顔絵イラスト額

☆誕生日ケーキ



父も母も感動の涙でした。

喜んでもらってみんなでがんばった甲斐がありました。

姪っ子、甥っ子たち同士も久々の再会で楽しそうでした。



父が一句

beijyu_uta.jpg



ホテルのスタッフさんの心配りもすばらしく、すてきなおもてなしをしていただきました。




さて、手仕事ですが・・・

ブリューゲルは順調に進行中。

慣れないクロスステッチはなんじゃこりゃの世界で、格闘中。

bis_cross2.jpg



ちょっと留守をするのでコメント欄は閉じています。

お留守番はヒルダに・・・かまってあげてね。


にほんブログ村
関連記事
tb: 0 |  cm: --
go page top

次はブリューゲルレース♪&懐かしい紙の花

秋晴れの良い天気が続いています。。。というか昼間は暑過ぎるだろー。


タティングやビスコーニュに浮気して、しばらくレース針を握っていなかったら禁断症状で手が震えてきました(嘘)

ブロ友さん達からの誘惑もあってブリューゲルレースを編み始めましたよ。



いきなり痛恨のミス。


beaumont1.jpg

輪っかにつないだつもりが捻じれててメビウスの輪状態(;゚∀゚)

糸始末も済んでからギョエーって気付くところがね(;-ω-)ゞ




気を取り直して


beaumont2.jpg



このパターンでは、途中でブレードの巾が変わるところがおもしろい。

ピンクの矢印のところから辿っていくと途中で太くなったり細くなったりしています。


Hartmut Hassさんのデザインです。


実は、ここまで来る間にも何回も間違えて解きました。

左のループでつなぎーの、右のループでまとめーの、途中には太さの変化もありーので処理能力が追いつきません。


日常生活でもたくさんのことを一度に処理するのは苦手な人

これを編むには、「右よーし。左よーし。太さよーし。」と指差し呼称が欠かせません。




さてさて、イベントで使うために懐かしいものを作ってますよ。


kamihana1.jpg


ちり紙のお花です。運動会や入学式でよく使うあれね。

ふんわり作るのはこつがいるよ。



材料は百均でセットになったのを見つけました。

kamihana2.jpg

昔は輪ゴムで留めてたけど、これはビニ帯が入っていました。


で、何のイベントかというと家族のイベントなのです。




これ!

米寿ポスター



それぞれ家族で分担して準備がんばってます。


にほんブログ村
関連記事
go page top

タティング飾りの袱紗を作りました♪&秋の味覚

製作中だった袱紗が完成しました。

参考にさせていただいたのは呼福さんのブログ「 楽 お日さまのかおり 」です。
⇒ 袱紗の型紙と作り方

カルトナージュは、ずぶの素人なのですが、呼福さんの解説のお陰でチャレンジすることができました。



先日のパーツを貼り合わせて基本の本体が完成です。


hukusa15d.jpg

☆参考サイト(袱紗):「 楽 お日さまのかおり 」 袱紗の型紙と作り方
☆参考本(タティング):タッチングレース (華麗なクラシックレース)
タティングレース (NHKおしゃれ工房)
☆サイズ 13cmx21.5cm


使った布は薔薇の花の織りが入った生地でなんと亡くなった母のツーピースのスカートを解いたものです。

内側は、グレーのサテンを使いました。

呼福さんの作品はふたの部分の内側を少しせり出させてグレーの部分が見えるようにしてありましたが、私はそこを出していません。

その代わりにタティングの飾りを♪


hukusa15c.jpg



作ったエジングは使わにゃ損とばかりに内側にも・・・


hukusa15h.jpg


グレーの布のしわしわが素人感満載(≧▽≦)ゞ ボンドで汚しちゃった所もばればれですね。

布を台紙に貼るところが難しかったです。ボンドの量とか布の引き具合とか。


ちゃんと袱紗の構造になるように貼り合わせる所も間違えやすいので出来上がりをよく考えながら・・・。



これは私が使うことにして娘に慶事用の袱紗を作ってあげようと思っています。

2回目はもう少しスムーズに行くかな。



おいしいいただきもの二つ♪♪

お義姉さんから届いた『荒尾梨』 ぶりぶりに大きいよ。

araonashi.jpg


夫が採ってきて臭い実を処理してくれた銀杏♪

ginnan15.jpg


私は食べる人( *^皿^)


にほんブログ村
関連記事
go page top

エジングを使って&曜変天目茶碗

タティングのエジングで手加減の練習。

結い始めはよれよれだけどだんだん揃っていくと嬉しくなります。(いや、こうして見ると揃ってないし・・・)

tat_edge15a_20151013092012f83.jpg
参考テキスト:はじめてのタティングレース (レディブティックシリーズno.3215)
タッチングレース (華麗なクラシックレース)



作りっぱなしにせず、使いますよ。

ワイン色のエジングは布製の手帳カバーに(手帳カバーは以前、手作り市で購入)

tetyo2.jpg


他のも手持ちの布小物に縫いつける予定です。

タティングはクロッシェより手がかかるから、作ったものも活用しないともったいない気がして過去にもいろんなものに貼り付けてきました。

扇子ケースとなんちゃって袱紗です。

tat_sakuhin.jpg

hukusa11a.jpg


今回、もう一度ちゃんとカルトナージュで袱紗を作りたいなーと思って製作を始めました。

台紙を切って布に載せたところです。これもエジングで飾れればと思っています。

hukusa15a_201510130920112a7.jpg

こういう風にちゃんとパーツに分けて隙間を空けて貼るのねー。
以前自己流で作ったのは全部つなげたので突っ張ってます(≧▽≦)ゞ

※参考にさせていただいた袱紗の作り方は「 楽 お日さまのかおり 」、呼福さんのブログです。
記事のリンク先は許可をいただいてから後日ご紹介しますね。


福岡市美術館でやってる『藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美 展』に夫の誘いで行ってきました。

yohen.jpg


お目当てはもちろん世界に三碗しかない曜変天目茶碗の奇跡の青

大きさは想像してたより小さなものでしたが、美しさは想像していた以上。

瑠璃色の星が輝いていました。

小さなお茶碗の中に宇宙があるんです。

油滴天目茶碗も観ることができましたよ。

この他にも藤田美術館所蔵の仏教美術、茶道具、染織など貴重なものをたくさん堪能できました。

初老夫婦の芸術の秋でした♪


にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村
関連記事
go page top

カレンダー

About Me

Recent Posts

Recent Comments

Categories

Free area

Counter

Free area♪

Books

E-mail

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。