04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

白い手帖

レース編みと日々の暮らし

ヘキサゴン2013完成♪

Hexagon for bedspread



mar_main3.jpg
☆レース糸 ミルフローラ生成り#20 ☆レース針 0号 ☆直径 30cm
☆参考 Priscilla Crochet Book Bedspread(1914)・・・リンクは記事の末尾に 


100年前の本に載っているこのモチーフ。

2回目の挑戦です。


2010年に編んだときは熱に浮かされたように編みました。

まだ英文パターンを始めたばかりの頃です。

今回は前回間違っていたところを修正し、じっくりと取り組んでみました。


何と言っても魅力はこの花びら。

mar_petal2.jpg

真ん中のパプコーンもちょっと盛り上がってかわいい。

mar_center.jpg


そして細編みの列に無理やり?詰め込まれたパプコーン。


mar_pop3.jpg

たいへん魅力のあるパターンです。


mar_sq1.jpg

(注:花びらまではパターン通りに編みましたがそれ以降は目数、パプコーンの数等、自分で調整してパターン通りには編んでいません。)


このパターンにいろんな名前があることは先日ご紹介しました。

■Hexagon for bedspread
■Sunflower Popcorn Bedspread Pattern(ひまわり)
■Marguerite(マーガレット)
■菊花模様の6角つなぎ


新たにもう一つ登場!!


■Water Lily(睡蓮)

ひまわりにマーガレット、菊に、睡蓮

どれも納得です。

世界最大の花、ラフレシアと言えばあんまりか・・・



Water Lily(睡蓮)の情報をくださったのは「ふんふんふんぎ」のふくさん

たいへん興味深い記事を書いてくださっています。→こちら

またふくさんは2009年に和書の菊花模様の6角つなぎも編まれていますよ。→こちら


どのような経路で日本にやってきたのか思いが巡ります。



このパターン、元はベッドカバー用のモチーフです。


bed1s.jpg
The Crocheter's Treasure Chestより


ショコラさんもすてきなベッドカバーのモチーフを紹介くださっていましたね。

どちらも気の遠くなるような手仕事。

根性なしの私は、ほんとうにこれを編む人がいるんだろうかと思うのですが、

ラベリーで知り合ったアメリカの方から

「このモチーフのキングサイズのベッドカバーを持っています。」というメッセージをいただきました。
 
本当に存在するのです!∑(*゚ェ゚*)



このモチーフ、糸食いさんで(全部で約60g使用)最終2段を残して糸が切れました。

mar_make8.jpg

新しい玉を使ったら、ミルフローラさん、まさかのロット違い!!



外周の方眼の部分、少し色が濃いのです。 やっちまったー><

1枚目の写真をよく見ると分かるかな?




フリーで提供されているのはこの二つ。①の方が分かりやすいです。


Sunflower Popcorn Bedspread Pattern(米式表記)

※印刷用 Printer-friendly versionで

②アンティークパターンライブラリー Hexagon for bedspread(英式表記)

※ pdfはモチーフの写真がpdfの33p(本の30p),編み方の説明は38p(本の35p)~

※ 鎖編み→ch 細編み→ d 長編み→ t パプコーンの玉→ tuft 花弁→petal


今朝はFC2の画像ファイルが開かなくて焦ったー。しばらく待ってやっとアップできました。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
関連記事
go page top

ぐみの実&新入りさんの紹介

30度超えの晴天が続き、PMナントカの値も気になった「白い手帖」地方、

今日は夕方から雨の予報です。



★Sweet Sue★

sue_up1.jpg

☆American Character社製「Sweet Sue」1950年代 ☆38cm(15インチ)
☆ハードプラスチック製 ☆ウォーキングタイプ ☆スリーピングアイ
☆ノーマーク(ヘッドマークは元々無いものが多いそうです。)



アメリカンキャラクター社がこのドールを製造していたのは1950年代

つまり、私と同じ時代を生きたお人形なのです。

まだ1ドルが360円の時代ですわよ。。。(。-∀-)ノ

かなりくたびれかけたりょう☆さんと違って艶のある肌にくびれたウエストのお嬢さん。

つんとした鼻にきゅっと結んだ小さなお口、ちょっぴり生真面目な感じの顔立ちです。



赤ちゃん人形を卒業した少女たちを対象に作られたのでしょう。

ハードプラスチック製でビスクやソフビとはまた違った質感です。




ケープを脱ぐと白いブラウスにサーキュラースカート。

sue_outfit1.jpg

着ているものもきちんとした感じのデザインで作りもとても丁寧でした。



後期にはさらにバストやウエストが強調された
ハイヒールを履けるタイプの足のものも製造されたそうです。



ウォーキングタイプで足を動かすと首を左右に振るんですよ。

sue_walking.jpg
(ドールスタンドも私の手作り~)

膝には関節があって曲げることもできます。



ちょっと失礼して下着もご紹介。


sue_slip.jpg


この子の体によくフィットしたスリップに刺繍のあるペチコート。

まつ毛の片方が少し抜けていますがスリーピングアイの機能はそのままです。




新しい娘のためにこんなにたくさん作っちゃったー(≧▽≦)ゞ(右端は履いてきた靴)

sue_kutu526.jpg

赤いのはフェルトで作ったなんちゃってシューズですけどね。




庭に出ていたら近所の方がぐみの枝を2,3本抱えてきて
「食べてみらんねー。」とくださいました。

gumi3.jpg

トロンと下がる姿がかわいいです。



昔は学校帰りによく見かけたような気がしますが、最近あまり見ないような・・・

今の子どもたちは「ぐみ」でなく「グミ」の方がお馴染みかな




大きな花瓶に活けて写真を撮った後は、なるべく赤く熟したのを選んで口に含んでみました。


gumi1.jpg


果皮のザラザラとした感触、何十年ぶりでしょう。

独特の渋みが広がりましたが、種の周りは熟して甘く懐かしい味です。

でも1個で充分かな・・・

しばらくは見て楽しむとしましょう。


あ、忘れてた。この子の名前はEmily(エミリー)です。よろしくね♪


にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村 

関連記事
go page top

壊れた!&ヘキサゴンその後

電子レンジが壊れました。

夕方まで動いていたのに翌朝、いきなりご臨終。。。。

ぐーたら主婦はレンジがないと困ります。

しばらく我慢しようと思ったけれど冷ごはんが温められない・・・など
やっぱり無いと困ることに気づきました

そう言えば昔は冷ごはんを蒸したり、電気がまの炊き上がったご飯の上に載せたりして温めていたなー。

でも便利な生活からそこへは戻れません。


「12年間、ご苦労さま」と言ってお別れをし、新しいのを買ってきましたよ。

最近のはターンテーブルが無い!

回らないのが心配でスイッチを入れてからしばらく覗き込む・・・

ドアも横に開くのは少数派になっていて手前に(縦に)開くのね。化石のようなおばさんです。




最近、食洗機も時々水漏れ。(;゚∀゚)

掃除機もパワーがない。

何故か買い替え時期は重なります・・・orz





気を取り直してレースの話題、

じっくり取り組んでいるヘキサゴン、だいたいめどがついてあと少しになりました。



このモチーフ、本来はベッドカバーのモチーフなのですがいくつかの本に載っていることが分かり、名前がそれぞれ違っていました。



■Priscilla Crochet Book Bedspread(1914)→ “Hexagon for Beadspread”

■Heirloom Bedspreads, No. 49(1925?) → “Sunflower Popcorn Bedspread Pattern”

The Crocheter's Treasure Chest(1989)→ "Marguerite"(マーガレット)

そして実は和書にも

■「てあみのレース編み」日本編物協会(1980)→ “菊花模様の6角つなぎ”

う~ん、和書のセンス、ナイス!

同じパターンでもひまわりにマーガレットに菊!おもしろいですね。

和書は編み図付きだそうです。
年代から見て海外のパターンを元に作られているとは思いますが、編まれた方のを見ると少し変えられているようです。


「勝手にCAL」を始めた方もいらっしゃるようなので途中経過の画像も入れておきます。

興味のある方はクリックして画像を大きくしてご覧ください。

■■花びらの畳み方・つなぎ方

花びらはまず中表に畳みます。

mar_petal_tatami.jpgmar_tatami2.jpg

つなぐときは糸を切って新しく付けるか、引き抜き編みで移動してから始めます。
折った真ん中の1目は編まずに残します。

注!!ここはPriscilla Crochet Book Bedspreadは細編み4、鎖5でつなぐようになっています。
他の本では細編み5、鎖4になっています。
(どちらも総目数は同じ、後の増し目を考えると5,4の方がいいかな)

3年前は間違ってここを細編み1、鎖5でつないでいた(;゚∀゚)!!

外側の6角形部分、ここは普通の細編みですがわたしはすじ編みにしてみました。


※花びら以降の段でどうしても等分に模様を配置できない個所がいくつか出てくるので何か所か目数の調整が必要です。


パプコーンを編んでいるところ。 

mar_pop.jpg
(パターンを少し変えて編んでいる部分もあります)


ここは細編みの列に無理やり長編み5目のパプコーンを編みます。

無理やり詰め込むので入りきれずにぽっこり飛び出るのがえんどう豆みたいでかわいい。

こんなこと日本のパターンでは普通やらないよね。

最後に裏側から見た写真です。

mar_ws2.jpg



お付き合いありがとうございました。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村

関連記事
go page top

当たりました!& 新入りさん

年の初めの運試し、お年玉年賀はがき♪

遅くなったけど・・・




hi_nenga3tou.jpg


今年は久々に3等当選です。


3等(下4けた 5635)は「選べる地域の特産品・有名店食品・生活品」

好きなものを選んで送ってもらえます。


1万本に1本ですって(o´∀`o)いつも切手シートばかりなので嬉しい♪

中身は息子のヒルダの好きなカステラとプリンの詰め合わせ。


chamekoさんは昨年なんと2等を射止められたんですよ。

私もがんばって長生きしようっと(笑)
 

交換は7月22日までですよ~♪みなさん お忘れなく。



先週、友人と海へドライブ。


西海パールラインを通って大島大橋(長崎県西海町)を渡りました。

osima1_20130520064857.jpg


斜張橋といって、塔から斜めに張ったケーブルを橋桁に直接つなぎ支える構造になっているそうです。


osima3_20130520064903.jpg


走る車の中から撮ったのでひどい写真ですが、鋭角的なフォルムが剣のようです。





大島のOlive Bay Hotelでランチ。リニューアルオープンしたばかりのホテルです。

窓の外にはプール、対岸には豊かな緑、右手には海が広がる最高のロケーション。

osima2_20130520064900.jpg


いつものお昼は一人で残り物をもそもそ食べてるけどこの日はプチ贅沢♪


途中の道の駅では新鮮なお魚や野菜を買うこともできました。

誘ってくれた友人に感謝です。


彼女はしっかりしていて思いやりもあって とってもお洒落。

何でも話せる中学からの大切な友だちです。

会うと私もがんばろうってパワーがもらえます。




最後はちら見せ。



sue_chair.jpg


American Character社の「Sweet Sue」

仲間入りです。あれ?すみれちゃんでおしまいのはずだったけど。

詳しいご紹介はまた♪


にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村


関連記事
go page top

噂の武雄市図書館&苦戦中のパターン

急に暑くなって体も衣替えも追いつきません。

しかも花粉第2弾がやってきて困ったな~(スギ以外にも反応するので・・・)


庭の薔薇や芍薬も一気に開き始めましたよ。




syakuyaku516.jpg




巷で噂の武雄市の図書館。


takeo_tosyo1.jpg


我が家から車で15分くらいなので時々利用しています。

TSUTAYAによる運営に移行し、年中無休、開館時間を9時から21時に拡大し、「Tカード」でも借りることができます。


賛否両論の中でのスタートでしたが、マスコミでも大きく取り上げられ、連日たくさんの人が訪れています。

残念ながら中の写真は許可がいただけませんでしたが、DVDのレンタル、書籍販売のコーナーと貸出図書のコーナーが仲良く?同居。

平日でしたが若いママから年配の方まで席はいっぱいでした。


中にはスターバックスも入っています。(今までうちの近くにはなかったので嬉しい♪)

テラスで本を読みながらコーヒーを楽しむこともできるんです。

武雄図書館1


帰りに駐車場の入り口で出会ったワンちゃん。


ビーグル1


昨年、突然逝ってしまったうちのポチにそっくり。

ご主人、どこへ行っちゃったのかなー。

隣のベンチに座ってしばらくお付き合い。

頭や首を撫でると久しぶりのワンコの毛の感触に元気だったころのポチの思い出が蘇ります。



先日から編んでいるアンティークパターン、ヘキサゴン。
レシピは

☆フリーパターン→Antique Pattern Libraryの中のPriscilla Crochet Bedspread Book
pdfを開いてください。
※モチーフの写真がpdfの33p(本の30p),編み方の説明は38p(本の35p)
※英式表記:鎖編み→ch 細編み→ d 長編み→ t パプコーンの玉→ tuft 花弁→petal


もとはベッドカバーのモチーフの1枚です。

Antique Pattern Libraryに入っているこのパターンはとても古い上に英式で超アバウトに書かれているので苦戦中。

実はこのパターンには米式で普通に書かれたレシピも存在するのです。

☆フリーパターン→PurpleKitty Yarns.comの中のSunflower Popcorn Bedspread Pattern(米式表記)
※印刷はPrinter-friendly versionでするといいです。

☆洋書The Crocheter's Treasure Chest(米式表記)



二つともアンティークパターンとは目数などが多少違っているようですが基本のデザインは同じです。



でも、今回はリベンジマッチなので古い英式パターンで苦しみながら編みたい。。。

ちょっとSなの。間違えた・・・Mなの(;゚∀゚)

真ん中は長編み5目のパプコーン。

mar_2nd.jpg


花びらのひだの部分はすじ編みで18か所の角に細編み3目の増し目をしながらぐるぐる編みます。

mar_petal.jpg


このひだを畳むとこの前の記事の写真↓のようになります。

mar_87e.jpg

最後までお付き合いありがとうございました。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村


関連記事
go page top

カレンダー

About Me

Recent Posts

Recent Comments

Categories

Free area

Counter

Free area♪

Books

E-mail