07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

白い手帖

レース編みと日々の暮らし

コーヒーフィルターとエリザベスさんの小さなドイリー☆

薫風吹き渡る爽やかな日が続いています。


アヤメにエニシダ、こでまりが咲き、薔薇のつぼみもほころびかけて庭の楽しみが増えました。

乾燥した良い天気が続いたので毎年恒例のゴキちゃん団子も作りましたよ。

ゴキちゃん対策は先手必勝!



こまちゃん、♪うささ♪さんに続いてコーヒーフィルターもできました。

filter4.jpg

生成りの木綿を2枚仕立てにしています。

上端は切りっぱなしにしてジグザグミシンをかけぐるりとテープを載せました。


このテープ、「山道テープ」っていう名前があったのねー。

クロバーさんから、山道テープを使ったドイリーのレシピが紹介されていたのでいつか挑戦しようと思って買ってたのでした。



illust-girls2.gif



あと紹介しそびれていたエリザベスさんの小さなドイリー。

beth_hearts1.jpg
☆パターン "hearts desire doily" 邦題「想いで」 by Elizabeth Hiddleson
☆糸 ダルマレース糸#40 ☆針 クロバーアミュレレース針 8号
☆サイズ 直径15.5cm
☆参考本 エリザベスのレース編2 一ノ井喜久子 昭和39年 婦人画報社


かわいい感じのデザインですね。

これにも長々編みがたくさん使われていました。


エリザベスさんのレースは、これまでに

"Coral All Over"

"Lattice Doily"

"Rooster chair set"

と編んできたのでこの"hearts desire doily"で4作目になりました。

カテゴリにも「エリザベスのレース編み」を作っていますので興味のある方はご覧ください。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ

以前から気になっていたルーマニアンマクラメレースに挑戦してみようかなと
初心者向けのパターンを探して格闘中。
ものになりますやら。。。



ではみなさん良い連休を♪
スポンサーサイト
go page top

エリザベスさんのチェアバック完成です

りょう☆は元気です。


この人も元気です(笑)

hi_taiyaki.jpg


イベントも無事終了。サガンも勝利で気持ちのいい朝ですよ~。





仕上げていながら放置していたエリザベスさんの方眼編みもやっとお披露目です。




rooster_2.jpg

☆パターン "Rooster chair set" by Elizabeth Hiddleson
☆糸 ダルマレース糸#40 ☆針 アミュレレース針 8号
☆サイズ 41cm×37cm
☆参考本 エリザベスのレース編2 一ノ井喜久子 昭和39年 婦人画報社
※本では、ダイヤ柄の肘掛けとセットになっていました。


チェアバック?・・・昭和の応接間のソファの背にかけられていたあれです。


胸を張った誇り高き雄鶏さんの図柄が魅力的ですが、このチェアバックは枠飾りもいいですね。

rooster_3.jpg


上下の枠飾りの飛び出した部分はすべて別糸を付けて編み足すようになっていたので少し面倒でしたが、手間をかけた分です。


もう一つの特徴は、方眼が長編みでなく長々編みでできているということ。

rooster_6.jpg


横に広がりやすい方眼編みですが、長々編みのお陰で雄鶏さんはスマート過ぎるくらい。゚(ノ∀`*)゚。

編み目の足が長い分、方眼のマス目は不安定でよれよれになってしまいましたが(;-ω-)ゞ

エレガントなエリザベスさんの方眼編みを堪能させてもらいました。






このブログには実はもう一羽雄鶏さんがいますよ。

この方。

roos1_convert_20100703073809.jpg

2010年7月の作品です。

雄鶏さん繋がりで?次は雄鶏社の本、小林恭子さんの「優美なレース編み」から編んでます。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
go page top

方眼編み途中経過と最近のこと

読書祭りまであと2週間。

少しばたばたしております。

でも合間にはレースも少しずつ。


エリザベスさんの長々編みの方眼編みは全体が編み上がって、枠の部分を編み足しているところ。

○で囲った飛び出した部分は、糸を付けて一箇所ずつ編み加えるようになっていました。

beth_rooster5.jpg

手を加えた分、くっきりした枠がきれいでいいわね~。

あと少しで完成です。(絵柄は雄鶏さんだよ)



春の嵐に桜も翻弄されましたねー。

ぐずついた天気が続いています。

春はなにかと気ぜわしく夫も息子も歓送迎会や年度初めの仕事に追われています。

私も地区のお当番が回ってきたり、読書祭りの練習やらでなんとなく落ち着きません。

ダルマさんから3月に発売されたレース糸(20番)を買ったのでレポもしなくちゃと思っているけどね。


でもこんな楽しみも。

人形劇の衣装を縫いました。

doll_geki15.jpg

こういうことは苦にならないの。


スナップエンドウも収穫したよ♪

endo15b.jpg

初めて育てたので嬉しいな~。(買えばいくらとか計算しちゃう私です)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ

今日はコメント欄を閉じています。


tb: 0 |  cm: --
go page top

エリザベスさんの方眼編みは!


風は冷たいですが、春の日射しを浴びてにょきにょき。

これ、な~に?

syaku15b.jpg



植えっぱなしでも毎年元気に春を知らせてくれる芍薬の芽です。

syaku15c.jpg

なにかおしゃべりしているみたいね。





編んでいるのは、方眼編みのチェアバック。


これもエリザベスさんの本「エリザベスのレース編2」からです。

編み図を見て驚いた!



エリザベスさんたらー∑(゚◇゚ノ)ノ 方眼編みまで長々編み使いますか!!

ほらね。



beth_amizu.jpg


初めから終わりまでぜ~んぶ、長々編み!

(当たり前だけど拡大してみると当時の編み図が手描きだって分かるね)




もう針をくりっくり回して編んでますわよー。


でも方眼編みはもれなく横に広がっちゃう私としては助かるかも。


何の絵柄か分かるかな?

beth_rooster1.jpg


逆さから編んでるので逆立ちして見てね。



半分くらいまで行ったので後半がんばります。

と、その前に今日は年に一度の胃カメラの日なんだー。


朝食抜きの絶飲食で臨みます。

無事に帰れるといいけど・・・。


イケメンのドクターいるといいな(;゚∀゚)


方眼編み、待合室で編もうかとも思うけどダルマさんが大きくて邪魔だわねー。

それに心が乱れて間違う可能性大。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村
go page top

エリザベスさんの"Lattice Doily" スルメの足のその後です。

桜の便りが届き始めましたねー。

さて、焼き網の上で踊ってたスルメの足。



伸びました。



beth_lattice1.jpg

☆パターン "Lattice Doily" by Elizabeth Hiddleson 邦題は「組みひものドイリー」
☆糸 ピエロNEWーコットンレース糸#40  ☆針 アミュレレース針8号
☆サイズ 直径30cm
☆参考本 エリザベスのレース編2 一ノ井喜久子 昭和39年 婦人画報社


※調べたら、この本は洋書の"Elizabeth Hiddleson Volume 6"を翻訳したものでした。


beth_lattice4.jpg

糸は、ピエロNEWーコットンレース糸のピーチピンク、サーモンピンクのような色です。

添えているのは、庭で咲き始めた桃の花ですよ。


エリザベスさんのレース編みの特徴の一つに長々編みの多用があります。

前に編んだ"Coral all over"もそうだったけど

このドイリーもテープ状のところを除くと殆どが長々編み、もしくは三つ巻長編みが使われています。

鎖編みも多いので結果的に空間の大きいドイリーになりました。


長編みのテープは立体交差。


beth_lattice5.jpg


次の段へ行くとき、さすがにこの梯子の段を上るのはためらわれて、今回は糸を切りました。


テープの交差は以前編んだ"End for table-runner"にも似ています。

runner1t.jpg

このランナーは、1921年のパターン。記事は→こちら



縁編みはちょっとユーモラスなブロッコリー畑♪

beth_lattice3.jpg


先日も紹介しましたが、昭和39年発行のこの本には「編み図」と「編み方を訳した文章」が併記されています。


twitterで少し話題になったのですが、昭和の頃の編み物本には編み図、文章併記のものがけっこうあったようです。

私たちが今使っている編み図の「編み目記号」はJIS記号になっていて全国共通のものです。

JIS記号に制定されたのは1955年(昭和30年)だそうです。(原案の作成は、財団法人 日本編物検定協会)


twitter上で見せていただいた大正13年の編み物本の画像には編み図がなくすべて文章。

裏編み四つ、表編み四つ、・・・・って感じで文のパターンが延々と書かれていました。

「文章だけ」の時代から、「文章と編み図の併記」、そして現在の「編み図中心の形」へと移行していったのでしょうね。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ レースへ
にほんブログ村

次もエリザベスさんの本から方眼編みです。



go page top

カレンダー

About Me

Recent Posts

Recent Comments

Categories

Free area

Counter

Free area♪

Books

E-mail